痔手術 痔

見られてはいけない秘密袋

痔の手術をして、退院もしくは自宅療養が終わったからと言って
すぐに健康な人と同じトイレ生活を送れるかというと、決して違います。


お尻には常に薬をつけてガーゼを貼っているので、
排便が終わったら、また薬を付け替えてガーゼを替える事をしなくてはなりません。

それをトイレの個室でしなくてはならないので、
トイレに入る時には、【痔グッズ一式】を持っていかなくてはならないのです。

私の場合は生理用品を入れておくような巾着袋を使っていましたが、
携帯ウォッシュレットもどきの100円容器も入っていたので、
そこそこ大きな袋を使っていました。

そこに、薬やガーゼや紙テープなども入れておくわけです。

私の場合は万が一のための「痛み止めの座薬」とかも入れていました。

その袋を常に持ち歩いておかなくてはなりません。

いつもカバンの中に入れておいたので、痔の手術が終わって1ヶ月くらいは、
毎日カバンがパンパンでした。

1ヶ月が過ぎてから、薬を塗らなくてよくなったので、薬とガーゼを持ち歩く事がなくなったものの、
携帯ウォシュレットは持ち歩いていました。

実に術後1年くらいは、常に持ち歩いていました。

あんな容器を人に見られては困るので、いつも袋に入れていました。

本当に「秘密の袋」です。
財布の中を見られるより恥ずかしいと思います。


円座
厚手のクッション
車のクッション
携帯ウォシュレット
携帯ウォシュレットが高い!と思った時の秘密兵器(100円)
見られてはいけない秘密袋
痔手術の保険について
レーザー手術に向いてる痔の症状
手術後の傷が痛む時には
痔の漢方薬
手術後の生活の注意点
出産と痔
ウォシュレットがない場合
痔のレーザー手術とは?
痔のレーザー手術の種類
接触法とは?
非接触法とは?
レーザー手術のメリット
レーザー手術のデメリット
痔のまとめについて
もしかして痔?と思ったら
病院に行かない理由
食生活について(食べていいもの悪いもの)

痔手術・いぼ痔治療TOP

当サイトについて 管理人は大痔主です
免責事項とお問い合わせ
痔主の私の体質
痔で病院に行かない理由
痔の発症
痔の出血
肛門科に行く決意
痔の診察
痔の診断結果
生命保険から手術費の負担
痔手術日までにしなくてはならない事
日帰りレーザー手術前夜
下剤を挿入する (自分で)
病院に到着してからする事
痔の手術台での体勢
痔の手術 麻酔
レーザー手術1 (最後の触診)
レーザー手術2 (皮垂・いぼ痔切除)
レーザー手術3 (痔ろう切除)
レーザー手術終了 (術後処置)
レーザー手術が終了してから
麻酔が切れるまで
車を運転して帰宅
自宅療養1日目
自宅療養2日目
自宅療養3日目
自宅療養4日目
自宅療養5日目
自宅療養6日目
自宅療養1週間目
仕事復帰1日目
仕事復帰2日目
仕事復帰1週間目
1ヵ月後の診察結果
手術後初の湯船
2ヵ月後の診察結果
2年半後の肛門
痔ろうとは
切れ痔とは
いぼ痔とは
もしかして痔?〜ときどき肛門がカユくなる人の原因・予防、治療法情報サイト〜

相互リンク募集しています
医療・健康関連リンク
痔関連リンク
その他相互リンク
その他リンク
Copyright c 2007-2012 痔の手術・いぼ痔治療や体験談- All  Rights Reserved.

婚活 婚活 マリオ